ArchLinuxインストール方法(再掲載+改稿)

年末+サイト新装記念です。
もともと掲載されていた場所は下記リンクです。(現在更新されていません)
ArchinstallonWindows(日本語).md
これのインストール方法に従った場合に起こったアクシデントは一切保証などを行いませんのでご了承ください。
確認PCはHPとFUJITSUとThinkPadとデスクトップ(ネット対応のため機種不明)
ArchLinux公式インストールガイド
まず「ArchLinuxISO」をダウンロード
USBメディアなどに焼いてPCにUSBを指してインストールメディアを起動します。

キーボードの設定

loadkeys jp106

ロケールの設定

nano /etc/locale.gen

“en_US.UTF-8_UTF-8”, “ja_JP.UTF-8_UTF-8″のコメントアウトを外す。

locale-gen
export LANG=en_US.UTF-8

インターネット接続確認

ping -c 3 www.google.com

接続できない場合
有線の場合

ip link

****はip linkによって出力されたものに置き換えてください。

dhcpcd enp****

無線の場合

ip link
wifi-menu

ワイファイにつなごう
****はip linkによって出力されたものに置き換えてください。

dhcpcd wlp****

時計合わせ

timedatectl set-ntp true

ドライブ及びパーティションの確認

lsblk

基本的には/dev/などのように割り当てられている。 /dev/は先程lsblkで確認した自分の環境に合わせてください。
必要なパーティションはboot,root(,home,swap)です。
bootはもとからあるものを使用します。
homeはシステムをインストールし直す場合に残しておきたい個人データをおいておくのに便利です。
特に気にしない場合は作る必要なありません。
RAMが2GB以上あるならswapパーティションは基本的に必要ないです。
(環境によってはswapを作ると逆に遅くなる可能性があります)

パーティションの分割

空いているパーティションを3つに分割してください。

cfdisk /dev/sda

sdaはlsblkで確認した自分のドライブ名にしてください。
cfdiskもしくはfdiskコマンドを使用します。
cfdiskがおすすめです。(GUIライクなので)
ここではroot=sda2,home=sda3,swap=sda4と分けboot(UEFI)=sda1です。
以降上記sda*をあなたのパーティションに置き換えて打ち込んでください。
注意点としてはWindowsやBoot(UEFI等)のパーティションを触らないことです。

パーティションのフォーマット

mkfs.ext4 /dev/sda2
mkfs.ext4 /dev/sda3
mkfs.ext4 /dev/sda4

swapパーティションの有効化

mkswap /dev/sda8
swapon /dev/sda8

パーティションのマウント

mount /dev/sda2 /mnt
mkdir -p /mnt/boot/efi
mount /dev/sda1 /mnt/boot/efi
mkdir -p /mnt/home
mount /dev/sda3 /mnt/home

ミラーの選択(日本国内想定)

nano /etc/pacman.d/mirrorlist

jaistの行を探して一番上に持ってくる。
ベースシステムのインストール

pacstrap -i /mnt base base-devel

fstabの生成

genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

システムにアクセス

arch-chroot /mnt /bin/bash

時間などの設定

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
hwclock --systohc --utc

ロケールの設定

nano /etc/locale.gen

“en_US.UTF-8_UTF-8”, “ja_JP.UTF-8_UTF-8″のコメントアウトを外す。

locale-gen
echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
export LANG=en_US.UTF-8

キーボードの設定

nano /etc/vconsole.conf
KEYMAP=jp106
FONT=lat9w-16

(上2行)と入力して保存します。

ホストネームの設定

echo **** > /etc/hostname

****は自分の好きなホストネームにしてください。同じ名前を次にも設定します。

nano /etc/hosts
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
::1 localhost.localdomain localhost
127.0.1.1 ****.localdomain ****

(上3行)と入力して保存します。

ルートパスワードの設定

passwd

ネットワーク関連のインストール

pacman -S networkmanager

(↑再起動後無線が使えないため追記)

その他インストール

IntelのCPUの場合はintel-ucodeもインストールする必要があります。

pacman -S intel-ucode

ブートマネジャーの設定

最近のPCはx86_64-efiが多いです。他はi386-efi

pacman -S grub dosfstools efibootmgr
grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi --bootloader-id=grub --recheck
mkdir /boot/efi/EFI/boot
cp /boot/efi/EFI/grub/grubx64.efi /boot/efi/EFI/boot/bootx64.efi

grubx64.efiがない場合はls /boot/efi/EFI/grubで確認してそこにあるものを書いてください。(grub.efi等)
i386の場合はgrub.efiが生成されます。

grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

システムから抜ける

exit

パーティションのアンマウント

umount -R /mnt

再起動

reboot now

画面が暗くなった瞬間USBを抜きます。
BIOSを起動します。
Boot順位でGRUBを最上位にします。
そして変更を保存して終了をしてGRUBが起動してその後ArchLinuxが起動したら成功です。
失敗していた場合は、先のすべての(Bootを除く)パーティションをフォーマットとリマウントして
もう一回インストールする必要があります。
ウィンドウマネージャーは自分の好みを入れてください。
またArchは最小限の環境です。
自分でカスタマイズするスタイルなので自分色のArch環境を作りましょう!
GUI環境にしたい人はWindowManagerをいれましょう。
日本語環境及びGUI環境の構築説明は本題を逸脱するのでまた別の機会にでも解説させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました